障害者の便利帳

重度身体障害者の中の人が書くブログ

身体障害者のマイナンバーカード取得記

時々、証明写真で不備指摘があるという話を聞くので経験談を書いておこうと思います。

作ろうと思った動機

・本人確認書類が欲しかったからです。
何かを契約するときに「健康保険証+身体障害者手帳」だけでいける場合ならいいのですが、
そうでないとさらに「住民票の写し」を求められることがありました。
そうなると市役所まで取りに行ってもらうのが面倒で。
手数料も取られるし。
その点、運転免許証がある人は一発でいけるのでいいなと思っていました。

・マイナポイント
道にお金が落ちてて拾っても犯罪にならない。
そりゃ拾うでしょという論理です。

サイトに登録する



始まりはここから。
すべてこのサイトで完結すればいいのですが、
そうもいきません。

日に焼けたようなマイナンバーの通知カードを用意して、
登録を進めていきます。
ここは特に問題なく終了。

写真を撮る(1回目)

スマホで写真を撮ってもらいます。
車いすに乗っているものの、白い壁の前で撮ってもらいました。
が、
アップロードして、すぐに写真の不備を指摘するメールが返ってきました。
車いすの頭部分で背景ありとされたようでした。

写真を加工する(2回目)

本当はいけないらしいんですが、
背景を白加工したら通ったという猛者が現れました。
やってあげると言われたので、やってもらって送信したら別の理由で却下されました。
それは、
僕は手が上がっていて下に降ろせないので写ってしまっています。
それが、不要なものが写っていると判定されたようでした。

写真を撮る(3回目)

「白タオルやシーツを敷いてやったらいけた」という情報を頂きました。
そこで、ベッドに白いタオルを敷いて仰臥位になった状態で、
手が写らないようにしてもらってアップで撮ってもらいました。
そこからは写真不備のメールは届きませんでした。

【余談】どうしても上手くいかない場合



電話で対応してくれる可能性があるようです。マイナンバー対応の0120950178に電話して、「特別支援者対応」をお願いして、申し込んだ時のIDを言い、やりとりをして写真を送信して、修正などなんらかの指示があるそうです。電話は代理でも構わないそうです。


市役所へ受け取りに行く

上手くいくと、1ヶ月ほどでハガキが届きます。
平日に行けない場合、日曜日にそのための指定日が書いてあります。
指定の日曜日に移動支援が取れたので、記載の必要書類を持って行ってきました。
結構、人、来てました。
1時間くらい待ち時間がありました。
何でもない平日に行けばそのようなことはないでしょうが。
さながら、病院の待合室な感覚です。




待っている間にパスワードを考えておいてくれと言われ、
順番になったらタッチディスプレイにペンで入力を求められます。
物理的に無理なので、ヘルパーさんにやってもらいました。
接触感染不可避と思いましたが、何とか無事に終了。
それで、マイナンバーカードをゲットしました。

契約とマイナポイント

それを使って早速、
楽天モバイルの契約をサクッと済ませることが出来ました。

マイナポイントは、
iPhoneマイナンバーカードを接触させて読み込ませるのが、
コツがいりました。
一応、楽天カードに完了させたのですがポイントもらった感覚がないのですが。
どうなんでしょう。