障害者の便利帳

重度身体障害者の中の人が書くブログ

人質の朗読会/小川洋子


2016年7月8日
人が違うのにみんな似たような文体やストーリーというのはあったが、もともと小川洋子作品が好きということもあって、どれも私の好きな感じの話だった。どこか村上春樹の文章に似てる気がするのは気のせいか。
しかしどうして朗読会をさせられていたのだろう。