障害者の便利帳

重度身体障害者の中の人が書くブログ

勉強していたい!全3回 - 感想

土曜ドラマ「勉強していたい!」 | NHKドラマ

ついに、「訪問教育」というものに光が来たか。というのが明るい感想。
あっしはプロフィールにも書いていますように、病院内訪問教育を受けてた時期もありました。
訪問教育については、いろいろあったので思い入れも結構あります。
そんな中で……。
長野博の演技はどうかと。。。あのオーバーアクションというか、
わざとそうしているのか、はたまた長野氏の演技力の問題なのか、
周りの役者さんは普通に芝居してるのに、長野氏だけあの浮いた演技。
これはちょっと残念でした。

内容、ストーリーは、ちょっと作ったかな。という印象。
普通高校の先生がいきなり養護学校の、しかも訪問教育ってありえないし。。。免許的にも。。。あるのかそんなこと!???
あと、愛知県豊崎市って……。大府市って出せや!(笑)

でも、訪問教育の職員室って、ほんとにあんな感じでしたし、
病院訪問教育に関しては、面白いおもちゃとか持ってきて楽しませてくれたり、将棋の相手をしてくれた先生もいました。
原作者の山本先生にはお目にかけられなかったけど。

しかし訪問教育の延長で、ああいう裏技があるとは……。ちょっと笑えた。
「自宅には君は行けない」という決まりの説明は無かったけど。

まぁ、とにもかくにも訪問教育というものがあるということを、
世間に知れたという意味ではうれしかったりもするのです。



授業の出前、いらんかね。 (文春新書)
山本 純士
文藝春秋
売り上げランキング: 1,153,864