障害者の便利帳

重度身体障害者の中の人が書くブログ

総合セッション?A、ある施設長さんの話。



本当は、総合セッション?Aの受講なのですが、?Aのビデオを観て下さいとのことで、観ました。正直、?だから?だからということで違いは無いように思う。なので、そこは特に不満はなし。さすがに明日なので、とりあえず全部、視聴終了しました。

スクーリングは、一線の現場で働いている人が何人かいらして、講義をしてくれるのが大半なので、

面白い&ためになることが多いのですが、

今回のある社会福祉法人の施設長さんの話については、ちょっとガッカリ。

以下の感想を読むと、私の方がお叱りを受けることになるかもしれませんが……ご勘弁を。



障害者自立支援法の批判は大いに結構だと思うのですが、

終始何時間もそんな感じだと萎えます。

みんな大人し過ぎる、もっと声を出して運動に参加しようというのも良いかもしれませんが、

印象として、うらみ、つらみ、愚痴が、強く心に残った。

確かに、自立支援法は、“障害者自立阻害法”と言われてるように、

苦しい立場に立たされてる人は、本当に苦しい。



障害者自立支援法の「応益負担」 極論を言えば、(というか本当にそうなんだけど)



・トイレに行くために、お金を払う。

・ご飯を自分で口に運ぶ事が出来ないから、お金を払う。




そんな感じ。

法律自体、問題があると思う。



でも、講義として……。もっとその先の話をしてほしかった。

問題提起、現場の大変さだけという印象。

施しだけではいけない。とおっしゃってはいましたが。。。



で、一番残念に思ったのは、ある起業家さんたちの集まりに行ったとき、

「大変なので支援して下さい」と言ってきた。こういうことを言うのは、すごくつらい。とおっしゃっていたことだ。

確かに、「お金を下さい」と言ってるのと同じなので、つらい気持ちは分かるのですが、

せっかく、そういった(具体的にどういった集まりか不明ですが)場所に行ったのなら、

何かお互いにwin-winの関係とまではいかなくとも、ビジネスみたいにやれることを模索しないのだろうか。

したたかに利用してやろう。という感じになれたら、すごいな。と思う。



格差社会ですわ。だけでは……。