障害者の便利帳

重度身体障害者の中の人が書くブログ

「はるたさん、おもしろい!」その瞬間が、一番乗ってるときだと思う

今までずっと意識してこなかったんだけど、
最近、似たような話題、データが蓄積されはじめて気づいたことなんだけど、

老若男女問わず、

「はるたさん、面白い!」と言われてるときが一番幸福、一番自分が乗っているときのような気がする。

自分が言ったことに対して、誰かが笑ってるというのも同じ。

いつも笑わせるつもりで言ったことではなかったりするので、
意図的にそういう空気を作り出すことができないのが、とても残念。

また、Aさんにはウケた言葉が、Bさんには全くウケないということもある。

思えば、小中学生のときも、周りの同級生が笑ってくれてるのが、とてもうれしかったように思う。
※バカにした笑いではないですよ。

それが、中学の終わり頃から高校、大学で、
大人、親世代の人たちとばかり付き合うことになって、
全く笑いを生み出せなくなっていた。
さすがに、先生と呼ばれる人や親世代の人となると、冗談も自粛するし、
何となく、まじめな話にばかり向いていってしまう。

こんなんじゃないのにな。というのは、ずっと思っていた。

でも最近、付き合う人の平均年齢が下がってきた、自分の年齢に近くなってきたためか、
なんとなくではあるが、かつての自分を取り戻しつつあるように思う。

だんだん、小中学生のときみたいに楽しくコミュニケーションがとれるようになってきた。
(あぁ、親世代の人たちとは前と同じくでしょうが。)

それで年に数回レベルなんですが、「はるたさん、おもしろい」とか言われるようになって、そう言われると、
尻尾を振って喜んでる自分がいることに気がついた。

去年、好きな人に言われたときもめちゃくちゃうれしかったし、
男性から言われてもうれしかったし、
笑いにうるさい大阪人から言われたのもうれしかったし、
美人さんから言われたのは、たまらなくうれしかった。

でも、笑わせようと意図を持って言ったことではなかったりするので、なかなか再現ができないのが悔しい。

なので、
注意点として、
これで、はるたは面白いというラベルをつけるのは止めてください。

基本、人見知りで真面目なので、この人は冗談が通じるか、僕の言うことが分かってくれるかどうか、ちょっとずつ見極めてたりするので。

また、笑いのツボは人それぞれ違いますしね。