障害者の便利帳

重度身体障害者の中の人が書くブログ

「ATAMA KIKEN」

○ディズニーランドでのある母子の会話。
子「ねえママ~、ドラえもんはここにはいないの?」
母「ドラえもんはネズミが嫌いだからディズニーランドにはこれないんだよ」
子「そっかー!!」
この母子に座布団をあげたくなったのは私一人ではあるまい…。

●取引先から届いたメールに、「戦時中は失礼しました」とあった。今さらそんな昔の話をされても…。「先日は大変失礼しました」だと思うのだが。

○うちの祖母は90歳で、だいぶ前から耳が遠い。散々理由をつけてなかなか補聴器をつけようとしなかったが、さすがに身の回りが不自由になってきて、ようやく最新式のマイコン制御補聴器を購入した。「雑音も入らないし、最近のは性能がいいね~」とご満悦で、さらに20年保証がついていると威張っていた。
おばあちゃん、いったいいくつまで生きるつもりなんだろう。

○相変わらず来る出会い系迷惑メール。今日のは差出人は「ゆかり」さんで、タイトルは「美樹です」でした。

○この前、英検の2次試験を受けました。試験官はぽっちゃりした日本人のおじさん。しかし試験なのでお互いに「Good morning」とか「Thank you」とか言ってましたが、ふと彼はペンを落としてしまい、「Oh, Excuse me」と言ってペンを拾いに椅子を立ちました。あぁやっぱりそれも英語で言うんだなぁ~なんて感心してたら、、「よっこらしょ」と言いながらしゃがんでました。

○学校で「浦島太郎が行った龍宮城の絵を描きなさい」と言われた姪は、「絵にも描けない美しさなので描けません!」と断ったらしい。

○東京駅の地下通路は工事中。天井が低くなっているところがあって、丁寧に「頭上注意!」と手書きされたダンボールが下げてあった。その下には英語でも書いてある。東京駅だけに親切だな…と思いながら読むと、「ATAMA KIKEN」。

○ある年の市民運動会。徒競走で先頭を走っていた出場者が転び、ダンゴ状に連なっていた後続出場者がそれに巻き込まれ、2名が足を骨折。救急車で病院に運ばれた。にもかかわらず閉会の挨拶は昨年同様、「本年も1人のケガ人も出すことなく無事閉会できた事を心よりお喜び申し上げます」だった…。

○スーパーの果物売り場で店員さんが、たくさん並んだ巨峰の前で、「いらっしゃいませ~!本日たいへんおいしい巨乳が入荷いたしました。甘くておいしい、大粒の巨乳です!ぜひご賞味くださいませ~!」とマイク片手に笑顔でPRしていた。もちろん食品フロア全体に放送され、慌てて走ってきた他の店員さんに指摘されるまで「巨乳」のままだった。