障害者の便利帳

重度身体障害者の中の人が書くブログ

脇野かおり

○友人のK君はお婆さんとくらしている。先日、部屋で仰向けになって寝ころんでいたところに風呂上がりでバスタオル1枚のお婆さんが部屋に入ってきた。
「ちょっとごめんよ」といってK君の顔の上をまたいだそうな。とんでもないものを見てしまったKくんは、思わず「なにすんねん!」と言おうとしたが、「な」のところで股間から落ちたしずくが口に入った!「なッンが!(ゴックン)」K君はいまだに立ち直れない。

○先日、世界最大の恐竜博に行ってきた。入り口近くで、会場整理のおにいさんがメガホンを持って淡々とアナウンスをしていた。
「なお、会場内は迷子がたいへん多くなっております。縄で縛るもよし、手錠をかけるもよし、お連れ様と離ればなれにならないようくれぐれもご注意ください」
あんまりまじめに言っているので、手錠を売っているか探したが、なかった。

○会社帰り、「ひったくりーー!」との叫び声に振り向いてみると、自転車に乗ったおばちゃんがなにやらひったくりに遭った様子。つづけざまに「それっ、サイフ入ってない!!」とおばちゃん。前を走る原付がバックを投げ捨て去っていきました。これって使える!?

○今年の秋、友人(女性)が結婚することになり、ある相談で電話してきました。「婚約者の姓が『脇野』っていうんだけどどう思う?」「別に……あっ!」
「…やっぱり…やめた方がいいよね?」。その子の名前は「かおり」なので、「わきのかおり」。。(えいとふぉー)

○ダンナとドライブ中に信号待ちの列に並んだ時、前に汚いワゴン車がいた。
よく見ると、汚れに指で「近日洗車予定」と書いてあった。

○仕事先の近所に1分間100円の有料駐車場があるんですが、怖くて利用できません。

○冬休みの友の問題に「あなたはなんまいねんがじょうをもらいましたか?」
という問題がありました。その年、私は年賀状をもらっていなかったので、「0まい」と答えました。ところがその問題はえんえんと「誰からもらいましたか?」「それには何が書いてありましたか?」と続いており、そのたびに私は「もらわない。もらえない。」と、微妙にニュアンスを変えて一生懸命答えました。